ひなまつり

●知っているけど意外とよくわからない「ひな祭り」について

ひな祭りは女の子のための行事。

ひな人形を用意し、健やかな成長と幸せを願いながらお祝いをします。

内容はみんな知っているけど、もともと、ひな祭りってどういう由来の行事なのでしょうか?

由来と内容について、詳しく調べてみました。

ひな祭りのはじまり

平安時代、貴族階級の子女が、天皇の御所にイメージした御殿や飾り付けをして遊ぶことが流行していました。

いわゆる「おままごと」ですね。

これを「雛(ひいな)あそび」といいました。

この「雛あそび」が、子どもの健康や成長を祈って、和紙で作った人形を川や海へ流して災厄をはらう民俗行事の「流し雛(ひな)」に発展していきました。

さらに、この「流し雛」が中国から伝わった「上巳(じょうし)の節句」と結びつき、江戸時代には、3月3日に雛人形を飾って女の子の成長を願う今の形になったといわれています。

【 節句とは? 】

昔、中国から日本に「節(せつ)」という考え方が伝わりました。「節」というのは、暦(こよみ=カレンダー)での「季節」の変わり目のことです。

5つあって「五節句(ごせっく)」と呼ばれています。

① 1月7日「人日(じんじつ)の節句」 お正月最後のこの日は、七草粥を食べて1年の豊作と無病息災を祈ります。

② 3月3日「上巳(じょうし)の節句」 一般的には「桃の節句」と言われています。この日が、女の子の成長を願う、ひな祭りです。

③ 5月5日「端午(たんご)の節句」 男の子の成長を願う日です

④ 7月7日「七夕(しちせき)の節句」 いわゆる七夕(たなばた)の日です。

正確に言うと「たなばた」とは「7月7日の夕方」のことを言います。

笹竹に願い事を書いた短冊を飾って祈ります。

⑤ 9月9日「重陽(ちょうよう)の節句」 菊を飾って、大人の方の長寿を祈る日です。

「五節句」の制度は、江戸時代から明治6年まで、日本の暦(カレンダー)の行事の中に入っていました。

ちなみに、昔の日本の暦は「月」の動きを基準に作られていました。これを旧暦と言います。

欧米先進国は太陽の動きを基準にした暦を使っているので、世界に合わせるため、明治5年に日本も太陽暦(新暦)を採用しました。

そうすると新暦と旧暦では、日にちが1ヶ月ほどズレていくので、旧暦で計算される「五節句」は明治6年に廃止されてしまいました。

しかし、今でも「五節句」のそれぞれの行事は、季節を知る年中行事の一環として、全国に定着しています。

【 女の子を守る雛人形 】

もともと、お祓(はら)いの儀式であったものが徐々に形を変え、「上巳(じょうし)の節句(桃の節句)」の日に、女の子の成長と幸せを願うお祭りとなって、庶民の間へ定着していったものが、ひな祭りです。

ひな祭りに雛人形を飾るのは、女の子にふりかかる厄災を、お雛さまが女の子の身代わりになって引き受けてくれるとされているからです。

その厄払いの意味があるので、一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)は避けるべきとされていて、遅くとも2月の中旬くらいまでには雛人形を飾らないといけないとされています。

また、雛人形とともに飾ることになっているのが桃の花です。

桃の花には元々「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされていました。

中国では上巳の節句には、桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行っており、また旧暦3月3日は、ちょうど桃の花が咲くころだったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになりました。

ひな祭りを別に「桃の節句」と呼ぶのも、こうした背景があるからです。

ひな祭りとは、単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う日なのです。

【 ひな祭りの定番の食べ物 】

ひな祭りの定番の食べ物は下記の5つです。

ふだん何気なく食べているものですが、それぞれに深い意味があるのが興味深いところです。

<ひなあられ>

色が3色のお菓子です。シーズンになるとスーパーにもたくさんの種類が置かれていますよね。

あられの色の3色には、それぞれ以下の意味があります。

桃 = 生命のエネルギー
白 = 大地のエネルギー
緑 = 木々のエネルギー

ひなあられを食べると、3つのエネルギーを体内に取り込むことができて、災いや病気を払え、一年中健康で過ごせるようにという意味です。

実は、ひなあられは、関東と関西では味や形が違います。

関東では、円柱形で甘い味。

関西では丸い形でしょっぱい味です。

機会があれば食べ比べてみてください。

<菱餅>

ひし形の3色のお餅です。

色の順番も決まっていて、一番上から桃、白、緑の3色。

お餅を重ねる色の順番で、「雪の中には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という春の情景を表しているそうです。

そして、色にも意味が込められています。

桃色: 魔除けの色とされており、解毒作用のあるクチナシの実で色を出しています。

白色: 子孫繁栄、長寿、純潔を表します。

血圧を下げるひしの実を使っています。

緑色 :  健やかな健康を意味する。

強い香りで厄除けの効果があるヨモギを使います。

このような効果のある素材で、色を表現しています。

これをわかって食べたら1年中健康で過ごせそうな気がしますが、気のせいでしょうか??

< 白酒>

もともとは、「桃花酒」という桃の花を漬けた物が飲まれていました。

桃には、邪気を払い、体力を回復させる効果があります。

そのうち、江戸時代の頃から、白酒が人気になり次第に定着するようになりました。

しかし白酒はアルコールが入った本当のお酒ですから子どもが飲めません。

そこで現在は、白酒に似ていてノンアルコールの甘酒が主流になっています。

<はまぐりのお吸い物>

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければ、ぴったりと合わない特徴があります。

このことから、良い夫婦を表しており、江戸時代には「嫁入り道具」として使われていたこともあります。

ひな祭りに、はまぐりのお吸い物を食べるのは、良い相手に恵まれて、一人の人(夫)と幸せになりますようにと親の願いが込められています。

昔は結婚する年齢が早かったので、あっという間に嫁入り時期になる感覚だったのでしょうね。

<ちらしずし>

寿司という漢字は、寿(ことぶき)を司(つかさどる)と書くことから、縁起がいいとされて、祝いの席では欠かせないものです。

ちらし寿司は見た目も鮮やかで彩りも良く、縁起のいい具材を沢山使用していることからひな祭りの定番になりました。

ひな祭りのちらし寿司で良く使われる具材には

えび(長生き)
れんこん(見通しがきく)
豆(健康でまめに働ける)

このような意味が込められています。

 

おすすめ絵本
ひなまつりにおひなさまをかざるわけ(教育画劇)

ぶたさんちのひなまつり(ひさかたチャイルド)


ひみつひみつのひなまつり(講談社)


もりのひなまつり(福音館書店)


わたしのおひなさま(岩崎書店)


ぼんぼらみん(岩崎書店)

 

【 天才LABOからひとこと 】

寒い・暑いがエアコンで克服されている現在は、昔と違って「季節」は意識しないと感じれないようになっています。

本当は、日本ほど季節がはっきり分かれて感じることができる地域はありません。

海に囲まれた島国で、自然も豊かなため、生きる糧を得るために争う必要がありませんでした。

そうしたこともあり、古来から、春は田植えの季節のため豊作を願い、夏は疫病退散を祈り、秋は収穫を感謝し、冬は寒さに耐えるために、季節ごとの祭りや習わしが行われてきました。

しかし、季節ごとの行事には、別の視点もあります。

毎日の生活のマンネリ化からくる倦怠(けんたい)を昔の人は「気涸れ(けがれ)」と言っていたのですが、その「気涸れ」を防ぐためもあり、様々な行事や習わしをイベントとして行ってきたという側面もあるのです。

最近では、そうした行事に参加する人たちが少なくなり、行事や習わし自体も減ってきました。

それによって当然のことながら、昔に比べて生活に「何の変化もない」と思ってしまう人が増えている傾向にあります。

それは、自然の暮らしから離れ、四季の移り変わりに無関心になったことが関係していることも一因です。

そう考えると、四季に関連する行事や習わしは、四季の変化を目安にした生活のリズムのひとつと言えるでしょう。

季節感を感じる四季の行事や習わしは、日常に変化をもたらし、暮らしを楽しむために伝えられてきた生活の知恵とも言えます。

みなさんも、今年は「ひな祭り」をご自宅で行ってみてはどうでしょうか??