子どもの「はみがき」

【歯が生えてきたら歯磨きスタートの合図です!】

赤ちゃんの歯磨きはいつごろから始めればいいのでしょうか?

結論としては、歯磨きスタートは、歯の生え始める6カ月から1歳頃です。

この頃の赤ちゃんは、離乳食や母乳がメインで間食がありません。

そのため、唾液の力で十分お口の中は清潔に保てています。

ですから歯磨きも、清掃目的ではなく歯ブラシに慣れさせるように少しずつ行いましょう。

ママがガーゼなどで拭いてあげる、赤ちゃんには赤ちゃん用の歯ブラシを握らせてあげるとよいでしょう。

【赤ちゃんにも歯磨きが必要な理由は?】

赤ちゃんの歯も大人と同じように虫歯になります。

乳歯が生え始めると、虫歯の原因となる「ミュータンス連鎖球菌」が常在菌として生育し始めます。

ミュータンス連鎖球菌は糖分を利用して酸を作り、歯の表面にあるエナメル質を溶かします。

口の中に食べカスやミルクが残っていると、糖分(乳糖)に反応しミュータンス連鎖球菌が活発に働いて虫歯になりやすくなります。

赤ちゃんのうちから歯磨きをして歯を守ってあげることが大切です。

【歯磨きトレーニングを始める前にしてほしいこと】

なんでもいきなり取り掛かると、大人でも動揺することがありますよね。赤ちゃんはなおさらです。

口の中はデリケートな部分なので、赤ちゃんも敏感に反応します。順を追って取り組みましょう。

怖がる赤ちゃんに、最初から無理やり磨かせるのは難題ですので、まずは親子のスキンシップから始めましょう!

パパやママの膝の上に赤ちゃんの頭をのせ、顔をなでたり、ほっぺをツンツンしたり、パパママのほっぺとくっつけたり。

「仰向け」の状態を心地よいと感じさせるようにしましょう。

●手足や顔や口のまわりを愛情をもって触れる。

●慣れたら口の中を清潔な指で触れてあげるとよりよい。

●ガーゼで口の中を拭いてあげる。

●親や兄弟が楽しく歯磨きをしているのを見せる。

口や口の中、デリケートな部分だからこそ、いかに不快感を与えず触れることができるかがポイントです。

すぐ口の中を触れようとせず、そこに至るまでのステップが肝心です。

愛情をもって触れると、赤ちゃんはうれしいですよね。

その延長で口の中をケアしてあげるとスムーズにいくでしょう。

【月齢別・歯磨きスタートとケア】

歯が生え始める頃(6か月~)

歯が生え始める6か月頃は、まだ虫歯の心配はいりません。

赤ちゃんを膝の上に仰向けに寝かせて、ママが口の中を見るところから始めましょう。

その姿勢に慣れてきたら、口のまわりや口の中に指を入れたり触ったりして、●お口に触れることにも慣れさせてあげましょう。

●授乳後、濡らしたガーゼで乳歯を拭いてあげたり、湯冷ましを飲ませるのもよいです。

下の前歯が生えだす頃

下の前歯は、唾液が汚れを落としてくれるので虫歯になりにくいです。

しかし、この頃から歯磨きに慣れさせるためお手入れをしてあげましょう。

●ガーゼを使い、1日1回歯を拭いてあげましょう。

●ご飯の後は、飲み物を飲ませて食べカスを流しましょう。

●赤ちゃん用の歯ブラシを与えるのもよいです。

前歯が上下、2本ずつ生えてくる頃

下の歯に比べて上の前歯は唾液が届きにくく虫歯になりやすいです。

上下合わせて4本生えてきたら本格的なお手入れを始めましょう!

離乳食も始め、ガーゼだけでは汚れを落としきれなくなりますので、この頃から歯ブラシ磨きも必要になります。

ヘッドが小さく、毛先がマルク、柔らかいものがおススメです。

●赤ちゃん用の歯ブラシを与えましょう。

●お母さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。

●うがいができないうちは、ゆすぐ必要のないフッ素素材のものを。

前歯が上下、4本ずつ生えてくる頃(1歳頃)

前歯が4本ずつ生えてきたら、食べる量も増え、歯に食べ物が挟まることが増えてきます。

寝る前の歯磨きを習慣にしましょう。

●哺乳瓶からコップを使うように変えましょう。

●甘いものは極力避けます。

●おやつや食事の時間を決め、ダラダラ食べないようにします。

奥歯が生えてくる頃(1歳2か月~)

奥歯には溝があるので、食べ物が詰まりやすいです。

奥歯が生える頃(1歳半~2歳半頃)は、ママやパパからのむし歯菌が子どもに感染しやすくなります。

念入りな歯磨きと食習慣への気遣いが必要になります。

●寝る前の仕上げ磨きをしっかりしましょう。

●食後は歯を磨く習慣をつけましょう。

【ガーゼ磨き】

お母さんの膝の上に仰向けに寝かせましょう。

ガーゼを水かぬるま湯でしめらせ、人差し指に巻き付け、歯を前後から優しく包むように表裏を拭いてあげましょう。

ガーゼ…蛍光剤や消毒薬などが使われていない、綿100%のガーゼを使用してください。

歯磨きシート…緑茶ポリフェノールや、湿潤材、キシリトールなどが配合されており、個包装になったものがあります。

(注)どちらも1回限りの使い捨てをおすすめします。

洗濯して使用する方もいるようですが、赤ちゃんの使うものなので、衛生上使い捨てがよいでしょう。

【歯ブラシ】

赤ちゃん用が自分で使うタイプ…ブラシ部分が小さく、磨きやすいもの。

握りやすく喉をつかないように工夫されているものや、360度植毛されているもの、歯がため付のブラシなどもあります。

親仕上げ磨き用…指にはめて使用する指サック型や仕上げ磨き用歯ブラシがあります。

(注)どちらも赤ちゃんの月齢や好みに合わせて選んであげてください。

慣れてきたら1日3回磨きましょう。

歯ブラシに慣れることが目的の時期は、無理をしないで赤ちゃんの機嫌のよい時を見計らってあげましょう。

慣れてきたら、朝・昼・晩。「食べたら磨く」を基本に、毎食後1日3回行いましょう。

眠っているときは唾液の分泌が低下し、虫歯が最も繁殖しやすい時間です。必ず、寝る前はママが磨いてあげましょう。

【嫌がるときは?】

歯磨きを嫌がるときは、無理強いをせず、楽しい歯磨きができるように根気強く促してあげてください。

赤ちゃんの好きなキャラクターや絵柄の入った歯ブラシを使ったり、歯磨きが楽しくなるような絵本などを見せてから磨いてあげたりするのもいいでしょう。

それでもダメな場合はあまりしたくはないかもしれませんが、「押さえつけて磨く」です。

泣くからと言って、仕上げ磨きをおろそかにしてしまうと、歯の状態はどんどん悪くなってしまいます。

ずっとそのままというわけにもいかないので、やはり押さえつけてでもしっかり磨くことが大切なのです。

心は痛みますが、赤ちゃんのため。

専門家の話によると、押さえつけても磨き終わった後にしっかり抱きしめて褒めてあげれば大丈夫だそうです。

何をしても歯磨きを嫌がる赤ちゃんには、歯科医院でキシリトールやフッ素塗布の治療も受けることができます。

不安があれば一度歯科医に相談してみるのもいいですね。

1歳半くらいになると、少しずつ言葉でコミュニケーションがとれてきます。

大人のいうことはだいたいわかっていますので、ゆっくりと絵本で読み聞かせるのもいいですね。

虫歯ができる絵本を読みながら、一緒に「怖い」という感情を共有し、こうならないためには…と、歯磨きの大切さを話してあげてみてあげてください。

全部はわからなくても「虫歯は怖いから、歯磨きしなくては!」と理解を示す子もいます。

【おすすめ絵本】

●はははのはなし(福音館書店)

 

 

 

 

●むしばいっかのおひっこし(講談社)

 

 

 

 

 

【天才laboメッセージ】

小さな赤ちゃんの歯磨きは、お母さん泣かせで、どのお母さんもあの手この手で頑張っていらっしゃいます。

歯磨きは「虫歯」というわかりやすい結果が出てしまう分、お母さまもきちんとしなくてはと思われますよね。

最近では、「予防歯科」といって定期的に歯科医院へ通い、虫歯にならないためのケアをすることが主流になっています。

虫歯やその他のことも早くに見つかるほうがよいでしょう。

1歳半の歯科検診の後から、ぜひ予防歯科に取り組んでみてください。歯科医院へ行けば、仕上げ磨きのチェックなどもしてくれますので、より安心です。

大人になってもずっと元気な歯で子どもがいろいろなものが食べられるように、今からしっかりやっておくことが大切ですね。

そして、きちんと磨くことができたら、たっぷり褒めてあげてください。

褒められることで、歯磨きは「気持ちがよい」「楽しい」ものと思えるようになります。